「恒松正敏」
| プロフィール | 絵画作品 | 言葉のない詩 | CD作品 | カバーイラスト | なびたまTOP | 戻る |
二つの顔を持つ芸術家である。一つは画家(静なる表現)、もう一つはロックアーチスト(動なる表現:ギターリスト・ヴォーカリスト)の顔が
ある。 静から動へ、 動から静へ内なる要求が爆発する。そして両面において如何なくその才能を発揮する。
 
PAINTING MUSIC
1952年 熊本県人吉市に生まれる    
       
1977年 東京芸術大学油画専攻卒業    
    1978年 ツネマツ・マサトシ1stシングル「Do You Wanna BeMy Dog・g・g!」ゴジラレコードより発表
1979年 同大学院中退 音楽活動(ROCK)に没頭する。 1979年 同時にフリクションに参加
 「東京ロッカーズ」(オムニバスLP)CBSソニーより発売
 2曲収録
  少年 1980年 フリクション1stLP「FRICTION」
坂本龍一プロデュース-Passレコードより発表
  1981年 「ツネマツ・マサトシ」としてソロになる
4曲入り30cmシングルをPassレコードより発表
  1982年 E・D・P・S -エディプスーを結成
  1983年 E・D・P・S 1stLP「Blue Sphinx」−徳間ジャパン
  1984年 E・D・P・S 2ndLP「Edges of Dream」-徳間ジャパン
E・D・P・S ライブ゙LP「1983〜1984」−徳間ジャパン
E・D・P・S 解散
この年より絵画制作再び始まる
       
1986年 カバーイラスト 丸の内画廊    
    1987年  4曲入り30cmミニLP「恒松正敏」
               −ストロベリーレコードより発表
1989年 カバーイラスト 丸の内画廊 東京芸術大学
「三木成夫追悼展」に出品
1989年 徳間ジャパンより全曲譜CD化
       
1990年 カバーイラスト 次男画廊「水彩と素絵」    
       
1991年 カバーイラスト 島田美術館ギャラリー(熊本)
カバーイラスト アート・スペース美蕾樹
「TEXT−恒松正敏・1976〜1991」
1991年 徳間ジャパンよりソロアルバム「恒松正敏」発表
       
1992年 カバーイラスト 丸の内画廊「『百物語』を中心に」    
       
1993年 カバーイラスト 日本橋高島屋
コンテンポラリーアートスペース「魄の振天」
カバーイラスト島田美術館ギャラリー(熊本)
   
    1994年 町田康+The GLORYにギタリストとして参加
1995年 カバーイラスト ギャラリー椿「『百物語』完結展」
カバーイラスト アート・スペース美蕾樹
「画集『百物語』 出版記念展」
1995年 町田康+The GLORYアルバム「どうにかなる」発表
(ヴィクターインビテイション)
       
1996年 カバーイラスト 熊本県立美術館分館、
島田美術館ギャラリー(熊本)、
1996年 フリクション在籍時の未発表ライブ音源CD化
「FRICTION LIVE 1980」(ヴィデオ アーツ)
  珈琲店ミック(八代)「恒松正敏『百物語』展」を
同時期開催
   
      変容
1997年 カバーイラスト ギャラリー椿「新作展」
カバーイラスト 日本橋高島屋コンテンポラリーアートスペース「闇に這う天使」
カバーイラスト INAXスペース(札幌)「水辺の記憶」
 
1998年 カバーイラスト ギャラリー椿「画集『水辺』出版記念新作展」
カバーイラスト 湯前まんが美術館(湯前)「水辺への回帰」、
ふさやギャラリー(人吉)「新作展」を同時期開催
   
       
1999年 カバーイラスト ギャラリー壹零參堂(鎌倉)
カバーイラスト ギャラリー椿「映画『白痴』の仕事」、GT2にて
新作ドローイング展 [FACE-VISION]を同時開催
新潟芸術文化会館「坂口安吾と『白痴』展」に、
映画に使用した全作品を出品
1999年 恒松正敏&VISIONS「1999−LUNATIC ANIMAL」発表
(クライベイビー)
       
2000年 カバーイラスト ギャラリー椿「新作展」
カバーイラスト 島田美術館(熊本)本館「映画『白痴』の仕事」、
     ギャラリー「新作展『Metamorphosis』」を
    同時期開催
   
       
2001年 カバーイラスト 池袋東武本館6階 美術画廊小サロン
     「不思議の夢回路」